×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通信大学でも心理学が学べます。社会心理学や臨床心理学まで、ダブルスクールの人も大丈夫

通信大学で心理学を学ぶ

スポンサード リンク

通信大学(通信制大学)とは、通信教育を行う大学(あるいはそれを有する大学)をさします。正規の大学教育課程で、大学の教育を自宅等で受けることができ、必要な単位を修了し卒業すれば、通学制大学と同様に学士の学位を取得することが出来ます。最近人気のある心理学(社会心理学や臨床心理学等)も、通信大学で学ぶことが出来ます。主に教科書やテキストなどの教材と、数日のスクーリング(登校)によっての授業と、テレビやラジオ放送での講義によって構成されていますので、仕事をしている人、ダブルスクールを考えている人、家事や育児で通学が出来な人なども、それぞれのライフスタイルを優先しながら、通信教育で心理学などに取り組むことが出来ます。

心理学の必要性

心理学と一口に言っても、その立場は複雑にわかれ、対象分野も多岐に渡ります。そのため、近年では、他の分野とも連携して研究されることが多くなりました。心理学を志す人も年を追うごとに増えていますが、それは時代背景が大きく影響しているからでしょう。現代社会には、外側から解決できる問題だけでなく、人間の脳や感情の深部を理解しなければ取りかかれないような問題が溢れています。時代の持つ問題の切り口として、心理学を志す人が増えているのは当然かもしれません。特に、精神疾患や心理的問題の治療に関わる臨床心理学には多大な注目が集まっています。カウンセラーやセラピストを志望する人も増え、今後は更に心理学への関心は高まるでしょう。

時代の波間にある心理学

実は、セラピストやカウンセラーの資格には、国家資格が存在しません。民間の認定機関はいくつかあり、その中でも臨床心理学の資格である臨床心理士の知名度は高く、実際にその資格を活かせる場所が多いことでも知られています。内的問題に苦しむ人々が癒しを求める時代風潮や、犯罪の増加とともに犯罪被害者の救済に向けた活動が盛んになったこともあり、心理学のでも臨床心理学への関心は高まっています。また、激しく複雑さを増す社会の中で、集団における個の行動心理に注目した社会心理学も同様に大きな関心を集めています。これらの心理学を志す人々の多くは専門の教育機関で研究に取り組みますが、最近では通信大学を利用し勉強する人も増えています。